« 夏目漱石「こころ」第051回(中 十五) | トップページ | 夏目漱石「こころ」第052回(中 十六) »

2006年7月13日 (木)

サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」8

Download

「バラ登場」ほどなくして、その花のことがどんどんわかっていった。それまでも、王子くんの星には、とてもつつましい花があった。花びらがひとまわりするだけの、ちっともばしょをとらない花だ。あさ、気がつくと草のなかから生えていて、夜にはなくなっている。でも、あの子のいった花はそれじゃなくて、ある日、どこからかタネがはこばれてきて、めを出したんだ。
バラは、やはり女性にやってもらいたいなぁ。今回は、僕読んじゃいましたけど・・・笑。

(7:05) Antoine de Saint-Exupery, Le Petit Prince #8

青空文庫
※テキストとイラストは、上記で御覧になれます。
翻訳を無料で公開して下さっている大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。
大久保さんのホームページはこちら

星の王子さま Book 星の王子さま

著者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 夏目漱石「こころ」第051回(中 十五) | トップページ | 夏目漱石「こころ」第052回(中 十六) »

コメント

星の王子様聴かせていただきました!
大好きな童話です。
薔薇読みたいですね、年齢制限がなければ・・・・(笑)

投稿: akiko | 2006年7月17日 (月) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12649/2632729

この記事へのトラックバック一覧です: サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」8:

« 夏目漱石「こころ」第051回(中 十五) | トップページ | 夏目漱石「こころ」第052回(中 十六) »