« サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」12 | トップページ | コナン・ドイル「暗号舞踏人の謎」1 »

2006年8月25日 (金)

夏目漱石「こころ」第056回(下二)

Download
「下 先生と遺書 二」
「私(わたくし)はそれからこの手紙を書き出しました。平生(へいぜい)筆を持ちつけない私には、自分の思うように、事件なり思想なりが運ばないのが重い苦痛でした。私はもう少しで、あなたに対する私のこの義務を放擲(ほうてき)するところでした。しかしいくら止(よ)そうと思って筆を擱(お)いても、何にもなりませんでした。私は一時間経(た)たないうちにまた書きたくなりました…。

夏目漱石の「こころ」連続読み第56回。上中下の「下 先生と遺書」の章#2。やっと半分を越えました(全110回)

(6:00) Soseki Natsume "KOKORO"#56


mixiにコミュニティを立ち上げました。ご意見などご自由にお寄せ下さい。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1102090

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。

こころ Book こころ

著者:夏目 漱石
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」12 | トップページ | コナン・ドイル「暗号舞踏人の謎」1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12649/3198679

この記事へのトラックバック一覧です: 夏目漱石「こころ」第056回(下二):

« サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」12 | トップページ | コナン・ドイル「暗号舞踏人の謎」1 »