« サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」15 | トップページ | コナン・ドイル「暗号舞踏人の謎」2改訂、女性ゲスト朗読者を迎えて »

2006年9月15日 (金)

夏目漱石「こころ」第059回(下五)

Download
「下 先生と遺書 五」
私が夏休みを利用して始めて国へ帰った時、両親の死に断えた私の住居(すまい)には、新しい主人として、叔父夫婦が入れ代って住んでいました。これは私が東京へ出る前からの約束でした。たった一人取り残された私が家にいない以上、そうでもするより外(ほか)に仕方がなかったのです。
 叔父はその頃(ころ)市にある色々な会社に関係していたようです。業務の都合からいえば、今までの居宅(きょたく)に寝起(ねお)きする方が、二里(り)も隔(へだた)った私の家に移るより遥かに便利だといって笑いました…。

夏目漱石の「こころ」連続読み第59回。上中下の「下 先生と遺書」の章#5(全110回)

(5:41) Soseki Natsume "KOKORO"#59


mixiにコミュニティを立ち上げました。ご意見などご自由にお寄せ下さい。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1102090

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。

こころ Book こころ

著者:夏目 漱石
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」15 | トップページ | コナン・ドイル「暗号舞踏人の謎」2改訂、女性ゲスト朗読者を迎えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12649/3449008

この記事へのトラックバック一覧です: 夏目漱石「こころ」第059回(下五):

« サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」15 | トップページ | コナン・ドイル「暗号舞踏人の謎」2改訂、女性ゲスト朗読者を迎えて »