« 夏目漱石「こころ」第061回(下七) | トップページ | 夏目漱石「こころ」第062回(下八) »

2006年10月 4日 (水)

サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」19

Download

王子くんは、たかい山にのぼった。それまでその子の知っていた山といえば、たけがひざまでしかない火山がみっつだけ。しかも、きえた火山はこしかけにつかっていたくらいだ。だから、その子はこんなふうにかんがえた。『こんなにたかい山からなら、ひと目で、この星ぜんたいと、ひとみんなを見わたせるはず……』でも、見えたのは、するどくとがった岩山ばかりだった。
「こんにちは。」と、その子があてずっぽうにいうと、
「こんにちは……こんにちは……こんにちは……」と…
(2:06) Antoine de Saint-Exupery, Le Petit Prince #19

青空文庫
※テキストとイラストは、上記で御覧になれます。
翻訳を無料で公開して下さっている大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。 大久保さんのホームページはこちら

星の王子さま Book 星の王子さま

著者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 夏目漱石「こころ」第061回(下七) | トップページ | 夏目漱石「こころ」第062回(下八) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12649/3684074

この記事へのトラックバック一覧です: サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」19:

« 夏目漱石「こころ」第061回(下七) | トップページ | 夏目漱石「こころ」第062回(下八) »