« コナン・ドイル「暗号舞踏人の謎」6 | トップページ | サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」25 »

2006年11月15日 (水)

夏目漱石「こころ」第068回(下十四)

Download
「下 先生と遺書 十四」
私はお嬢さんの立ったあとで、ほっと一息(ひといき)するのです。それと同時に、物足りないようなまた済まないような気持になるのです。私は女らしかったのかも知れません。今の青年のあなたがたから見たらなおそう見えるでしょう。しかしその頃(ころ)の私たちは大抵そんなものだったのです。
 奥さんは滅多(めった)に外出した事がありませんでした。たまに宅(うち)を留守にする時でも、お嬢さんと私を二人ぎり残して行くような事はなかったのです。それがまた偶然なのか、故意なのか、私には解らないのです。私の口からいうのは変ですが、奥さんの様子を能(よ)く観察していると、何だか自分の娘と私とを接近させたがっているらしくも見えるのです。それでいて、或(あ)る場合には、私に対して暗(あん)に警戒するところもあるようなのですから、始めてこんな場合に出会った私は、時々心持をわるくしました…。


↑30秒すぐに試聴できます。

夏目漱石の「こころ」連続読み第68回。上中下の「下 先生と遺書」の章#14(全110回)

(6:09) Soseki Natsume "KOKORO"#68


mixiにコミュニティを立ち上げました。ご意見などご自由にお寄せ下さい。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1102090

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。

こころ Book こころ

著者:夏目 漱石
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« コナン・ドイル「暗号舞踏人の謎」6 | トップページ | サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」25 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12649/4191652

この記事へのトラックバック一覧です: 夏目漱石「こころ」第068回(下十四):

« コナン・ドイル「暗号舞踏人の謎」6 | トップページ | サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」25 »