« 夏目漱石「こころ」第067回(下十三) | トップページ | デフォー「ロビンソンクルーソー」第4章より »

2006年11月 8日 (水)

サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」24

Download

おかしくなって、さばくに下りてから、八日め。ぼくは、ものうりの話をききながら、ほんの少しだけのこっていた水を、ぐいとのみほした。
「へえ!」と、ぼくは王子くんにいった。「たいへんけっこうな思いで話だけど、まだひこうきがなおってないし、もう、のむものもない。ぼくも、ゆっくりゆーっくり水くみ場にあるいていけると、うれしいんだけど!」
「友だちのキツネが……」と、その子がいったけど、
「いいかい、ぼうや。もうキツネの話をしてるばあいじゃないんだ!」
「どうして?」
「のどがからからだと、すぐにでも死んじゃうんだよ…。
(7:52) Antoine de Saint-Exupery, Le Petit Prince #24


↑30秒すぐに試聴できます。

青空文庫
※テキストとイラストは、上記で御覧になれます。
翻訳を無料で公開して下さっている大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。
大久保さんのホームページはこちら

星の王子さま Book 星の王子さま

著者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 夏目漱石「こころ」第067回(下十三) | トップページ | デフォー「ロビンソンクルーソー」第4章より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12649/4109247

この記事へのトラックバック一覧です: サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」24:

« 夏目漱石「こころ」第067回(下十三) | トップページ | デフォー「ロビンソンクルーソー」第4章より »