« 夏目漱石「こころ」第068回(下十四) | トップページ | サンタクロースはいるんだ!(1897年ニューヨーク・サン誌) »

2006年11月17日 (金)

サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」25

Download

王子くんはいった。「ひとって、はやいきかんしゃにむちゅうだけど、じぶんのさがしものはわかってない。ということは、そわそわして、ぐるぐるまわってるだけ。」
 さらにつづける。
「そんなことしなくていいのに……」
 ぼくたちが行きあたった井戸は、どうもサハラさばくの井戸っぽくはなかった。さばくの井戸っていうのは、さばくのなかで、かんたんな穴がぽこっとあいてるだけ。ここにあるのは、どうも村の井戸っぽい。でも、村なんてどこにもないし、ぼくは、ゆめかとおもった…。
(8:47) Antoine de Saint-Exupery, Le Petit Prince #25


↑30秒すぐに試聴できます。

青空文庫
※テキストとイラストは、上記で御覧になれます。
翻訳を無料で公開して下さっている大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。
大久保さんのホームページはこちら

星の王子さま Book 星の王子さま

著者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 夏目漱石「こころ」第068回(下十四) | トップページ | サンタクロースはいるんだ!(1897年ニューヨーク・サン誌) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12649/4218624

この記事へのトラックバック一覧です: サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」25:

« 夏目漱石「こころ」第068回(下十四) | トップページ | サンタクロースはいるんだ!(1897年ニューヨーク・サン誌) »