« STBNEWS11/27ーよく生きてきたと思うー | トップページ | 「床屋」誰の作品でしょう? »

2006年12月 1日 (金)

夏目漱石「こころ」第070回(下十六)

Download
「下 先生と遺書 十六」
私は相変らず学校へ出席していました。しかし教壇に立つ人の講義が、遠くの方で聞こえるような心持がしました。勉強もその通りでした。眼の中へはいる活字は心の底まで浸(し)み渡らないうちに烟(けむ)のごとく消えて行くのです。私はその上無口になりました。それを二、三の友達が誤解して、冥想(めいそう)に耽(ふけ)ってでもいるかのように、他(た)の友達に伝えました。私はこの誤解を解こうとはしませんでした。都合の好(い)い仮面を人が貸してくれたのを、かえって仕合(しあわ)せとして喜びました。それでも時々は気が済まなかったのでしょう、発作的に焦燥(はしゃ)ぎ廻(まわ)って彼らを驚かした事もあります…。


↑30秒すぐに試聴できます。

夏目漱石の「こころ」連続読み第70回。上中下の「下 先生と遺書」の章#16(全110回)

(5:59) Soseki Natsume "KOKORO"#70


mixiにコミュニティを立ち上げました。ご意見などご自由にお寄せ下さい。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1102090

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。

こころ Book こころ

著者:夏目 漱石
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« STBNEWS11/27ーよく生きてきたと思うー | トップページ | 「床屋」誰の作品でしょう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12649/4379678

この記事へのトラックバック一覧です: 夏目漱石「こころ」第070回(下十六):

« STBNEWS11/27ーよく生きてきたと思うー | トップページ | 「床屋」誰の作品でしょう? »