« 配信1周年記念「レールの上」作&朗読 佐々木健 | トップページ | 配信のご案内 »

2006年12月18日 (月)

配信1周年伊勢神宮にて竹内浩三の詩を朗読

Download


竹内浩三の詩「骨のうたう」「空は 僕は」「宇治橋」

200612181538000

↑30秒すぐに試聴できます。

配信1周年のこの日、伊勢に来ています。竹内浩三のシンポジウムに参加するためです。
楽しい一日でした。その前に、伊勢神宮の内宮にお参りしました。
良い天気の中、砂利道を歩きながら、EDIROL R-09(ポータブルMP3レコーダー)を片手に録音!

宇治橋という詩は、伊勢神宮の宇治橋の事を言っていますので、せっかく来たから本物の宇治橋の上で読んでみました。通行人の目をはばかりながら・・・笑。
浩三さんは、伊勢出身ですから、内宮も外宮も遊び場だったようです。

で、「骨のうたう」は浩三さんの有名な詩。そしてもう一つを適当にと思って選んだのですが、
読んでみたら「長生きをしたい」という同じ言葉が出て来た。

不思議だけど、浩三さんの思いか、僕の思いか・・・。

お聞き下さい。



STORYTELLER BOOKポッドキャスティング by 心尽
配信1周年伊勢神宮にて竹内浩三の詩の朗読

(5:38) Takeshi Sasaki "STORYTELLERBOOK 1st Anniversary at ISE-JINGU"


mixiにコミュニティを立ち上げました。ご意見などご自由にお寄せ下さい。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1102090



竹内浩三集

Book
竹内浩三集

著者:竹内 浩三

販売元:藤原書店

Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 配信1周年記念「レールの上」作&朗読 佐々木健 | トップページ | 配信のご案内 »

コメント

アップしたものはほとんど聴かせていただいています。今回の竹内浩三の詩、作品の心の伝わるもので、とてもいいと思いました。わたしも『きけわだつみのこえ』などを読みたいと思いました。

投稿: 渡辺知明 | 2006年12月20日 (水) 08時01分

 玉砂利を踏む音が効果音になってますね。鳥の声が聞こえます。
 「宇治橋」宇治橋で詠まれるって、いいアイディアですねえ。まわりの話し声も聞こえていて、臨場感が出ています。ラジオドラマの一場面みたいです。

投稿: mset | 2007年1月 2日 (火) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12649/4591176

この記事へのトラックバック一覧です: 配信1周年伊勢神宮にて竹内浩三の詩を朗読:

« 配信1周年記念「レールの上」作&朗読 佐々木健 | トップページ | 配信のご案内 »