« 竹内浩三「筑波日記」昭和19年1月13日+【姉宛の手紙1940.6.4】 | トップページ | 宮沢賢治「月夜のでんしんばしら(歌付)」下 »

2007年1月14日 (日)

竹内浩三「筑波日記」昭和19年1月14日(【十九夜】)

Download


点呼がすむと、すぐと体操であった。腹をへらして帰ってきたら、飯はすくなかった。
午前中、特火点攻撃の学科で、ひるから、その演習であった。
ぽかぽかと、暖かく、気分がなかなかよろしかった。
今、風呂から上がってきたところ…。

-----
日記の中に詩があります「星が、十九夜月を待っていた」

↑30秒すぐに試聴できます。

竹内浩三「筑波日記」昭和19年1月1日-7月27日までの日記。

(5:11) Kozo Takeuchi "Tsukuba Nikki"1944/1/14

参考資料:「竹内浩三全集2-筑波日記」小林察編 新評論刊

筑波日記ブログ
※テキストは、森節子さんが入力して公開している、上記サイトで御覧になれます。

mixiにコミュニティを立ち上げました。ご意見などご自由にお寄せ下さい。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1102090



ぼくもいくさに征くのだけれど?竹内浩三の詩と死

Book
ぼくもいくさに征くのだけれど?竹内浩三の詩と死

著者:稲泉 連

販売元:中央公論新社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 竹内浩三「筑波日記」昭和19年1月13日+【姉宛の手紙1940.6.4】 | トップページ | 宮沢賢治「月夜のでんしんばしら(歌付)」下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12649/4935573

この記事へのトラックバック一覧です: 竹内浩三「筑波日記」昭和19年1月14日(【十九夜】):

« 竹内浩三「筑波日記」昭和19年1月13日+【姉宛の手紙1940.6.4】 | トップページ | 宮沢賢治「月夜のでんしんばしら(歌付)」下 »