« 竹内浩三「筑波日記」昭和19年1月6日+姉宛の手紙等 | トップページ | 夏目漱石「こころ」第073回(下十九) »

2007年1月 7日 (日)

竹内浩三「筑波日記」昭和19年1月7日

Download


朝から、演習であった
 泥路に伏せして
 防毒面から
 梢の日当たりを見ていた
 あ 雀が一羽とびたった。
弾甲をもって、とことこ走っていた。
ひるのカレーライスがうまかった。ひるからもまた、演習であった。
 草の上にねて
 たばこの烟を空へふかしていた
 この青空のように
 自由でありたい 
はらがへったにもかかわらず、夕食は、少なかった。あしたは、外出をして、うんとくわしてやるからなと、腹を、なぐさめた。

↑30秒すぐに試聴できます。

竹内浩三「筑波日記」昭和19年1月1日-7月27日までの日記。

(1:31) Kozo Takeuchi "Tsukuba Nikki"1944/1/7

参考資料:「竹内浩三全集2-筑波日記」小林察編 新評論刊

筑波日記ブログ
※テキストは、森節子さんが入力して公開している、上記サイトで御覧になれます。

mixiにコミュニティを立ち上げました。ご意見などご自由にお寄せ下さい。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1102090



ぼくもいくさに征くのだけれど?竹内浩三の詩と死

Book
ぼくもいくさに征くのだけれど?竹内浩三の詩と死

著者:稲泉 連

販売元:中央公論新社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 竹内浩三「筑波日記」昭和19年1月6日+姉宛の手紙等 | トップページ | 夏目漱石「こころ」第073回(下十九) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12649/4841655

この記事へのトラックバック一覧です: 竹内浩三「筑波日記」昭和19年1月7日:

« 竹内浩三「筑波日記」昭和19年1月6日+姉宛の手紙等 | トップページ | 夏目漱石「こころ」第073回(下十九) »