2006年2月28日 (火)

芥川龍之介「トロッコ」第3回

Download

※この作品は、オーディオブックとして発売になりましたので、ダウンロードはできません。


われはもう帰んな。おれたちは今日は向こう泊りだから…良平は一瞬間呆気ににとられた。もうかれこれ暗くなる事、それを今からたった一人、歩いて帰らなければならない事、そういう事が一時にわかったのである…良平は26の年、思い出す事がある。あの時の情景を…。第3回(全3回)。
Ryunosuke Akutagawa "Truck#3"
(5:22)

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



蜘蛛の糸・杜子春

Book
蜘蛛の糸・杜子春(トロッコを収録)

著者:芥川 龍之介

販売元:新潮社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

芥川龍之介「トロッコ」第2回

Download

※この作品は、オーディオブックとして発売になりましたので、ダウンロードはできません。


その後十日余りたってから、良平は又たった一人、午過ぎの工事場に佇みながら、トロッコの来るのを眺めていた。すると土を積んだトロッコの外に、枕木を積んだトロッコが一輛、太い線路を登って来た。…良平は、若い土工と一緒にトロッコを押す事ができた…このまま何時までも押していたいと思った…第2回(全3回)。
Ryunosuke Akutagawa "Truck#2"
(6:50)

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



蜘蛛の糸・杜子春

Book
蜘蛛の糸・杜子春(トロッコを収録)

著者:芥川 龍之介

販売元:新潮社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

芥川龍之介「トロッコ」第1回

Download

※この作品は、オーディオブックとして発売になりましたので、ダウンロードはできません。


小田原熱海間に、軽便鉄道敷設の工事が始まったのは、良平の八つの年だった。良平は毎日村はずれへ、その工事を見物に言った。工事をーといったところが、唯トロッコで土を運搬するーそれが面白さに見に行ったのである・・・。この話は、実際に存在する記者の原稿をもとにした作品だそうだ。昔の思い出と現実の生活のリンク・・・。第1回(全3回)。
Ryunosuke Akutagawa "Truck#1"
(5:08)

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



蜘蛛の糸・杜子春

Book
蜘蛛の糸・杜子春(トロッコを収録)

著者:芥川 龍之介

販売元:新潮社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おすすめサイト アンデルセン「はだかの王様」 クリスマスのお話 グリム兄弟 コナン・ドイル「暗号舞踏人の謎」 コナン・ドイル「赤毛連盟」 サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」 デフォー「ロビンソンクルーソー」 トルストイ「イワンの馬鹿」 世界の童話 九十九耕一/本間希代子 伊丹万作「戦争責任者の問題」 佐々木健のフリートーク 佐々木健オリジナル 夏目漱石「こころ」 宮沢賢治 短編 宮沢賢治「「ツェ」ねずみ」 宮沢賢治「どんぐりと山猫」 宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」 宮沢賢治「月夜のでんしんばしら」 宮沢賢治「毒もみの好きな署長さん」 宮沢賢治「水仙月の四日」 宮沢賢治「注文の多い料理店」 宮沢賢治「猫の事務所」 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」 宮沢賢治「雨ニモマケズ」 宮沢賢治の詩 新美南吉の童話 日本の昔話 朗読Live 朗読 冒頭 石川啄木「一握の砂」 竹内浩三「勲章」 竹内浩三「天気のいい日に」 竹内浩三「筑波日記」 竹内浩三「花火」 竹内浩三の詩 芥川龍之介 短編 芥川龍之介「トロッコ」 芥川龍之介「ピアノ」 芥川龍之介「仙人」 芥川龍之介「兄貴のような心持」 芥川龍之介「地獄変」 芥川龍之介「尼提」 芥川龍之介「杜子春」 芥川龍之介「犬と笛」 芥川龍之介「猿蟹合戦」 芥川龍之介「白」 芥川龍之介「蜘蛛の糸」 芥川龍之介「蜜柑」 芥川龍之介「闇中問答」 芥川龍之介「魔術」 芥川龍之介「鼻」