2006年3月 8日 (水)

宮沢賢治「どんぐりと山猫」下

Download
※この作品は、オーディオブックとして発売になりましたので、ダウンロードはできません。


やまねこは、ぴんとひげをひねって言いました。「裁判ももうきょうで三日目だぞ。いい加減に仲なおりしたらどうだ」 すると、もうどんぐりどもが、くちぐちに言いました。「いえいえ、だめです。なんといったって、頭のとがっているのがいちばんえらいのです…。一郎は、この裁判を一分半もしないで解決しました。さぁ、一郎は、何と言ったのでしょうか。
(6:28)

全3回


青空文庫
テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



注文の多い料理店

Book
注文の多い料理店

著者:宮沢 賢治

販売元:角川書店

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年3月 7日 (火)

宮沢賢治「どんぐりと山猫」中

Download
※この作品は、オーディオブックとして発売になりましたので、ダウンロードはできません。


一郎がたずねると変な男が答えました。「山ねこさまはいますぐに、ここに戻ってお出やるよ。おまえは一郎さんだな」…一郎は、やまねこに合えました…宮沢賢治が自ら単行本として発行したのは、詩集「春と修羅」そして、童話集「注文の多い料理店」の2つである。どんぐりと山猫は、後者の童話集の1話目の物語として収録されている。どこか官僚批判的な音色をそなえた童話で面白い。賢治25歳の時の作品である。
(7:29)

全3回


青空文庫
テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



注文の多い料理店

Book
注文の多い料理店

著者:宮沢 賢治

販売元:角川書店

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

宮沢賢治「どんぐりと山猫」上

Download
※この作品は、オーディオブックとして発売になりましたので、ダウンロードはできません。


一郎は、ある日不思議な手紙をもらいました。それは山猫からの手紙でした。一郎はうれしくなりました。次の日、一郎は、山猫を訪ねて行きました…。宮沢賢治が自ら単行本として発行したのは、詩集「春と修羅」そして、童話集「注文の多い料理店」の2つである。どんぐりと山猫は、後者の童話集の1話目の物語として収録されている。どこか官僚批判的な音色をそなえた童話で面白い。賢治25歳の時の作品である。
(7:03)

全3回


青空文庫
テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



注文の多い料理店

Book
注文の多い料理店

著者:宮沢 賢治

販売元:角川書店

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おすすめサイト | アンデルセン「はだかの王様」 | クリスマスのお話 | グリム兄弟 | コナン・ドイル「暗号舞踏人の謎」 | コナン・ドイル「赤毛連盟」 | サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」 | デフォー「ロビンソンクルーソー」 | トルストイ「イワンの馬鹿」 | 世界の童話 | 九十九耕一/本間希代子 | 伊丹万作「戦争責任者の問題」 | 佐々木健のフリートーク | 佐々木健オリジナル | 夏目漱石「こころ」 | 宮沢賢治 短編 | 宮沢賢治「「ツェ」ねずみ」 | 宮沢賢治「どんぐりと山猫」 | 宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」 | 宮沢賢治「月夜のでんしんばしら」 | 宮沢賢治「毒もみの好きな署長さん」 | 宮沢賢治「水仙月の四日」 | 宮沢賢治「注文の多い料理店」 | 宮沢賢治「猫の事務所」 | 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」 | 宮沢賢治「雨ニモマケズ」 | 宮沢賢治の詩 | 新美南吉の童話 | 日本の昔話 | 朗読Live | 石川啄木「一握の砂」 | 竹内浩三「勲章」 | 竹内浩三「天気のいい日に」 | 竹内浩三「筑波日記」 | 竹内浩三「花火」 | 竹内浩三の詩 | 芥川龍之介 短編 | 芥川龍之介「トロッコ」 | 芥川龍之介「ピアノ」 | 芥川龍之介「仙人」 | 芥川龍之介「兄貴のような心持」 | 芥川龍之介「地獄変」 | 芥川龍之介「尼提」 | 芥川龍之介「杜子春」 | 芥川龍之介「犬と笛」 | 芥川龍之介「猿蟹合戦」 | 芥川龍之介「白」 | 芥川龍之介「蜘蛛の糸」 | 芥川龍之介「蜜柑」 | 芥川龍之介「闇中問答」 | 芥川龍之介「魔術」 | 芥川龍之介「鼻」