2006年5月20日 (土)

コナン・ドイル「赤毛連盟」4 (第2版)

Download

#4のみ読み直しです。前回#4が納得が行っていなくて、またファイルに不具合があったようで、最後の1分ぐらいが尻切れになっていたようです。すみません。改めまして#4お届けします。iTunesをお使いの方は、プレイリストを作成して並べていただければ順番に聞けると思います。どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m
シャーロック・ホームズの冒険より「赤毛連盟」大久保ゆう訳。
(※新潮社版では、「赤髪組合(あかげくみあい)」となっています。)

リクエストにお答えしてお送りします。#4です。赤毛連盟が解散した!突然の事に赤毛の質屋の主人が取った行動を追う。ホームズは、何やら事件の真相に気が付いているようだ・・・。
(10:53) The Doyle, Arthur Conan"Red-Headed League"#4

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。
また翻訳を無料で公開している大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。大久保さんのホームページはこちら

シャーロック・ホームズの冒険 Book シャーロック・ホームズの冒険

著者:アーサー・C. ドイル
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

コナン・ドイル「赤毛連盟」7

Download

シャーロック・ホームズの冒険より「赤毛連盟」大久保ゆう訳。
(※新潮社版では、「赤髪組合(あかげくみあい)」となっています。)

リクエストにお答えしてお送りします。#7最終回です。私はリヴォルバーの撃鉄を起こした。身を隠している木箱の上に据え置いた。ホームズはランタンの前に覆い板を差し入れた。辺りは漆黒の闇に包まれた…。そして結末を迎える。ホームズによる事件解決への流れが語られる。
(14:15) The Doyle, Arthur Conan"Red-Headed League"#7

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。
また翻訳を無料で公開している大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。大久保さんのホームページはこちら

シャーロック・ホームズの冒険 Book シャーロック・ホームズの冒険

著者:アーサー・C. ドイル
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

コナン・ドイル「赤毛連盟」6

Download

シャーロック・ホームズの冒険より「赤毛連盟」大久保ゆう訳。
(※新潮社版では、「赤髪組合(あかげくみあい)」となっています。)

リクエストにお答えしてお送りします。#6です。私がその夜、家を発ったのは9:15過ぎであった。ハイドパークを抜け、オックスフォード街を通ってベイカー街へ出た。部屋に入って行くと、ホームズは、二人の男と熱しンに話をしていた。1人は警視庁のピーター・ジョーンズ。もう1人は背が高く、細身でく暗い顔のした男だった…。いよいよホームズの推理から警察が動き始めます。
(11:19) The Doyle, Arthur Conan"Red-Headed League"#6

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。
また翻訳を無料で公開している大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。大久保さんのホームページはこちら

シャーロック・ホームズの冒険 Book シャーロック・ホームズの冒険

著者:アーサー・C. ドイル
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

コナン・ドイル「赤毛連盟」5

Download

シャーロック・ホームズの冒険より「赤毛連盟」大久保ゆう訳。
(※新潮社版では、「赤髪組合(あかげくみあい)」となっています。)

リクエストにお答えしてお送りします。#5です。我々は地下鉄でオルダーズゲイト駅まで行った。しばらく歩くと、サックス・コバーグ広場に着いた。今朝、我々が聞いた奇妙な話の現場である…ホームズの現場検証である…。
(9:57) The Doyle, Arthur Conan"Red-Headed League"#5

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。
また翻訳を無料で公開している大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。大久保さんのホームページはこちら

シャーロック・ホームズの冒険 Book シャーロック・ホームズの冒険

著者:アーサー・C. ドイル
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

コナン・ドイル「赤毛連盟」4

Download

シャーロック・ホームズの冒険より「赤毛連盟」大久保ゆう訳。
(※新潮社版では、「赤髪組合(あかげくみあい)」となっています。)

リクエストにお答えしてお送りします。#4です。赤毛連盟が解散した!突然の事に赤毛の質屋の主人が取った行動を追う。ホームズは、何やら事件の真相に気が付いているようだ・・・。
(9:59) The Doyle, Arthur Conan"Red-Headed League"#4

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。
また翻訳を無料で公開している大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。大久保さんのホームページはこちら

シャーロック・ホームズの冒険 Book シャーロック・ホームズの冒険

著者:アーサー・C. ドイル
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

コナン・ドイル「赤毛連盟」3

Download

シャーロック・ホームズの冒険より「赤毛連盟」大久保ゆう訳。
(※新潮社版では、「赤髪組合(あかげくみあい)」となっています。)

リクエストにお答えしてお送りします。#3です。赤毛の質屋の主人が語る赤毛連盟なる団体の入会審査。私よりも赤毛の小男の審査員のような男との会話。ウィルソンは、いかにして赤毛連盟に入れる事になったのか・・・。
(12:25) The Doyle, Arthur Conan"Red-Headed League"#3

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。
また翻訳を無料で公開している大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。大久保さんのホームページはこちら

シャーロック・ホームズの冒険 Book シャーロック・ホームズの冒険

著者:アーサー・C. ドイル
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

コナン・ドイル「赤毛連盟」2

Download

シャーロック・ホームズの冒険より「赤毛連盟」大久保ゆう訳。
(※新潮社版では、「赤髪組合(あかげくみあい)」となっています。)

リクエストにお答えしてお送りします。#2です。赤毛の質屋の主人が語る赤毛連盟なる団体の広告と、スポールディングという従業員の話。
(11:42) The Doyle, Arthur Conan"Red-Headed League"#2

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。
また翻訳を無料で公開している大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。大久保さんのホームページはこちら

シャーロック・ホームズの冒険 Book シャーロック・ホームズの冒険

著者:アーサー・C. ドイル
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

コナン・ドイル「赤毛連盟」1

Download

シャーロック・ホームズの冒険より「赤毛連盟」大久保ゆう訳。
(※新潮社版では、「赤髪組合(あかげくみあい)」となっています。)

リクエストにお答えしてお送りします。シャーロックホームズは僕も大好きな作品で、ほとんどの作品を中高生の時に読んでいます。今読み返しても面白い。この「赤毛連盟」はコナンドイル自身も2番目に好きな作品としてあげている作品。
質屋を営む赤毛の男から持ち込まれた相談から、思わぬ事件を読み取るシャーロック・ホームズとワトソン博士のお話。とりあえず#1として頭からの10分をお届けします。訪問者を見ただけで様々な事を言い当てるホームズは、痛快!この洞察力を中高生の僕は、やってみようと、街中で出会う人々をじっと観察して、わかろうとしたものです。でも僕は、ワトソン博士だったようですけど。笑

さて、ワトソンとシャーロックホームズ、これでいいですか??というのが僕の悩み。キャラクターへの思い入れ、リクエストがあればいただければと思います。結構なキャラクターが出て来ますからね、なるべく使い分けられればと思いますし、シャーロック・ホームズは、シャーロック・ホームズとしてきちんと演じたい。そういう意味も込めて#1をお届けします。意見があれば今のうちに。
(10:03) The Doyle, Arthur Conan"Red-Headed League"#1

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。
また翻訳を無料で公開している大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。大久保さんのホームページはこちら

シャーロック・ホームズの冒険 Book シャーロック・ホームズの冒険

著者:アーサー・C. ドイル
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

おすすめサイト | アンデルセン「はだかの王様」 | クリスマスのお話 | グリム兄弟 | コナン・ドイル「暗号舞踏人の謎」 | コナン・ドイル「赤毛連盟」 | サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」 | デフォー「ロビンソンクルーソー」 | トルストイ「イワンの馬鹿」 | 世界の童話 | 九十九耕一/本間希代子 | 伊丹万作「戦争責任者の問題」 | 佐々木健のフリートーク | 佐々木健オリジナル | 夏目漱石「こころ」 | 宮沢賢治 短編 | 宮沢賢治「「ツェ」ねずみ」 | 宮沢賢治「どんぐりと山猫」 | 宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」 | 宮沢賢治「月夜のでんしんばしら」 | 宮沢賢治「毒もみの好きな署長さん」 | 宮沢賢治「水仙月の四日」 | 宮沢賢治「注文の多い料理店」 | 宮沢賢治「猫の事務所」 | 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」 | 宮沢賢治「雨ニモマケズ」 | 宮沢賢治の詩 | 新美南吉の童話 | 日本の昔話 | 朗読Live | 石川啄木「一握の砂」 | 竹内浩三「勲章」 | 竹内浩三「天気のいい日に」 | 竹内浩三「筑波日記」 | 竹内浩三「花火」 | 竹内浩三の詩 | 芥川龍之介 短編 | 芥川龍之介「トロッコ」 | 芥川龍之介「ピアノ」 | 芥川龍之介「仙人」 | 芥川龍之介「兄貴のような心持」 | 芥川龍之介「地獄変」 | 芥川龍之介「尼提」 | 芥川龍之介「杜子春」 | 芥川龍之介「犬と笛」 | 芥川龍之介「猿蟹合戦」 | 芥川龍之介「白」 | 芥川龍之介「蜘蛛の糸」 | 芥川龍之介「蜜柑」 | 芥川龍之介「闇中問答」 | 芥川龍之介「魔術」 | 芥川龍之介「鼻」