2006年12月11日 (月)

サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」エピローグ

Download

これは、ぼくにとって、せかいでいちばんきれいで、いちばんせつないけしきです。さっきのページのものと、おなじけしきなんですが、きみたちによく見てもらいたいから、もういちどかきます。あのときの王子くんが、ちじょうにあらわれたのは、ここ。それからきえたのも、ここ。
 しっかり、このけしきを見てください…。




(2:37) Antoine de Saint-Exupery, Le Petit Prince #epilogue


↑30秒すぐに試聴できます。

青空文庫
※テキストとイラストは、上記で御覧になれます。
翻訳を無料で公開して下さっている大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。
大久保さんのホームページはこちら




星の王子さま

Book
星の王子さま

著者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

販売元:平凡社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」27

Download

今となっては、あれももう、六年前のこと。……ぼくは、このできごとを、いままでだれにもはなさなかった。ひこうきなかまは、ぼくのかおをみて、ぶじにかえってきたことをよろこんでくれた。ぼくは、せつなかったけど、あいつらには、こういった。「いやあ、こりごりだよ……」
 もう今では、ぼくのこころも、ちょっといえている。その、つまり……まったくってわけじゃない。でも、ぼくにはよくわかっている。あの子は、じぶんの星にかえったんだ。だって…。
(5:14) Antoine de Saint-Exupery, Le Petit Prince #27


↑30秒すぐに試聴できます。

青空文庫
※テキストとイラストは、上記で御覧になれます。
翻訳を無料で公開して下さっている大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。
大久保さんのホームページはこちら




星の王子さま

Book
星の王子さま

著者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

販売元:平凡社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 6日 (水)

サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」26

Download

井戸のそばに、こわれた古い石のかべがあった。つぎの日の夕がた、ぼくがやることをやってもどってくると、とおくのほうに、王子くんがそのかべの上にすわって、足をぶらんとさせているのが見えた。その子のはなしごえもきこえてくる。
「じゃあ、きみはおぼえてないの?」と、その子はいった。「ちがうって、ここは!」
 その子のことばに、なにかがへんじをしているみたいだった。
「そうだけど! そう、きょうなんだけど、ちがうんだって、ここじゃないんだ……」
 ぼくは、かべのほうへあるいていった。けれど、なにも見えないし、なにもきこえない。それでも、王子くんはまたことばをかえしていた…。
(18:04) Antoine de Saint-Exupery, Le Petit Prince #26


↑30秒すぐに試聴できます。

青空文庫
※テキストとイラストは、上記で御覧になれます。
翻訳を無料で公開して下さっている大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。
大久保さんのホームページはこちら




星の王子さま

Book
星の王子さま

著者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

販売元:平凡社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」25

Download

王子くんはいった。「ひとって、はやいきかんしゃにむちゅうだけど、じぶんのさがしものはわかってない。ということは、そわそわして、ぐるぐるまわってるだけ。」
 さらにつづける。
「そんなことしなくていいのに……」
 ぼくたちが行きあたった井戸は、どうもサハラさばくの井戸っぽくはなかった。さばくの井戸っていうのは、さばくのなかで、かんたんな穴がぽこっとあいてるだけ。ここにあるのは、どうも村の井戸っぽい。でも、村なんてどこにもないし、ぼくは、ゆめかとおもった…。
(8:47) Antoine de Saint-Exupery, Le Petit Prince #25


↑30秒すぐに試聴できます。

青空文庫
※テキストとイラストは、上記で御覧になれます。
翻訳を無料で公開して下さっている大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。
大久保さんのホームページはこちら




星の王子さま

Book
星の王子さま

著者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

販売元:平凡社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」24

Download

おかしくなって、さばくに下りてから、八日め。ぼくは、ものうりの話をききながら、ほんの少しだけのこっていた水を、ぐいとのみほした。
「へえ!」と、ぼくは王子くんにいった。「たいへんけっこうな思いで話だけど、まだひこうきがなおってないし、もう、のむものもない。ぼくも、ゆっくりゆーっくり水くみ場にあるいていけると、うれしいんだけど!」
「友だちのキツネが……」と、その子がいったけど、
「いいかい、ぼうや。もうキツネの話をしてるばあいじゃないんだ!」
「どうして?」
「のどがからからだと、すぐにでも死んじゃうんだよ…。
(7:52) Antoine de Saint-Exupery, Le Petit Prince #24


↑30秒すぐに試聴できます。

青空文庫
※テキストとイラストは、上記で御覧になれます。
翻訳を無料で公開して下さっている大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。
大久保さんのホームページはこちら




星の王子さま

Book
星の王子さま

著者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

販売元:平凡社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」23

Download

「こんにちは。」と、王子くんがいうと、
「こんにちは。」と、ものうりがいった。
 ものうりはクスリをうっていた。そのクスリは、のどのからからをおさえるようにできていて、一しゅうかんにひとつぶのめば、もう、のみたいっておもわなくなるんだ。
「どうして、そんなのをうるの?…。
(1:29) Antoine de Saint-Exupery, Le Petit Prince #23


↑30秒すぐに試聴できます。

青空文庫
※テキストとイラストは、上記で御覧になれます。
翻訳を無料で公開して下さっている大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。
大久保さんのホームページはこちら




星の王子さま

Book
星の王子さま

著者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

販売元:平凡社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」22

Download

「こんにちは。」と王子くんがいうと、
「こんにちは。」とポイントがかりがいった。
「ここでなにしてるの?」と王子くんがいうと、
「おきゃくを一〇〇〇にんずつわけてるんだ。」とポイントがかりがいった。「きかんしゃにおきゃくがのってて、そいつをおまえは右だ、おまえは左だって、やってくんだよ。」
すると、きかんしゃが、ぴかっ、びゅん、かみなりみたいに、ごろごろごろ。ポイントがかりのいるたてものがゆれた…。
(2:46) Antoine de Saint-Exupery, Le Petit Prince #22


↑30秒すぐに試聴できます。

青空文庫
※テキストとイラストは、上記で御覧になれます。
翻訳を無料で公開して下さっている大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。
大久保さんのホームページはこちら




星の王子さま

Book
星の王子さま

著者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

販売元:平凡社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」21

Download

キツネが出てきたのは、そのときだった。
「こんにちは。」とキツネがいった。
「こんにちは。」と王子くんはていねいにへんじをして、ふりかえったけど、なんにもいなかった。
「ここだよ。」と、こえがきこえる。「リンゴの木の下……」
「きみ、だれ?」と王子くんはいった。「とってもかわいいね……」
「おいら、キツネ。」とキツネはこたえた。
「こっちにきて、いっしょにあそぼうよ。」と王子くんがさそった。「ぼく、ひどくせつないんだ……」
「いっしょにはあそべない。」とキツネはいった。「おいら、きみになつけられてないもん…。
(14:20) Antoine de Saint-Exupery, Le Petit Prince #21


↑30秒すぐに試聴できます。

青空文庫
※テキストとイラストは、上記で御覧になれます。
翻訳を無料で公開して下さっている大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。
大久保さんのホームページはこちら




星の王子さま

Book
星の王子さま

著者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

販売元:平凡社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」20

Download


さて、王子くんが、さばくを、岩山を、雪の上をこえて、ながながとあゆんでいくと、ようやく一本の道に行きついた。そして道をゆけば、すんなりひとのいるところへたどりつく。
「こんにちは。」と、その子はいった。
 そこは、バラの花がさきそろう庭《にわ》だった。
「こんにちは。」と、バラがいっせいにこたえた。
 王子くんは、たくさんのバラをながめた。みんな、その子の花にそっくりだった…。
(2:55) Antoine de Saint-Exupery, Le Petit Prince #20


↑30秒すぐに試聴できます。

青空文庫
※テキストとイラストは、上記で御覧になれます。
翻訳を無料で公開して下さっている大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。
大久保さんのホームページはこちら




星の王子さま

Book
星の王子さま

著者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

販売元:平凡社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」19

Download

王子くんは、たかい山にのぼった。それまでその子の知っていた山といえば、たけがひざまでしかない火山がみっつだけ。しかも、きえた火山はこしかけにつかっていたくらいだ。だから、その子はこんなふうにかんがえた。『こんなにたかい山からなら、ひと目で、この星ぜんたいと、ひとみんなを見わたせるはず……』でも、見えたのは、するどくとがった岩山ばかりだった。
「こんにちは。」と、その子があてずっぽうにいうと、
「こんにちは……こんにちは……こんにちは……」と…
(2:06) Antoine de Saint-Exupery, Le Petit Prince #19

青空文庫
※テキストとイラストは、上記で御覧になれます。
翻訳を無料で公開して下さっている大久保ゆうさんに敬意を表します。ありがとうございます。
大久保さんのホームページはこちら




星の王子さま

Book
星の王子さま

著者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

販売元:平凡社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おすすめサイト アンデルセン「はだかの王様」 クリスマスのお話 グリム兄弟 コナン・ドイル「暗号舞踏人の謎」 コナン・ドイル「赤毛連盟」 サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」 デフォー「ロビンソンクルーソー」 トルストイ「イワンの馬鹿」 世界の童話 九十九耕一/本間希代子 伊丹万作「戦争責任者の問題」 佐々木健のフリートーク 佐々木健オリジナル 夏目漱石「こころ」 宮沢賢治 短編 宮沢賢治「「ツェ」ねずみ」 宮沢賢治「どんぐりと山猫」 宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」 宮沢賢治「月夜のでんしんばしら」 宮沢賢治「毒もみの好きな署長さん」 宮沢賢治「水仙月の四日」 宮沢賢治「注文の多い料理店」 宮沢賢治「猫の事務所」 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」 宮沢賢治「雨ニモマケズ」 宮沢賢治の詩 新美南吉の童話 日本の昔話 朗読Live 朗読 冒頭 石川啄木「一握の砂」 竹内浩三「勲章」 竹内浩三「天気のいい日に」 竹内浩三「筑波日記」 竹内浩三「花火」 竹内浩三の詩 芥川龍之介 短編 芥川龍之介「トロッコ」 芥川龍之介「ピアノ」 芥川龍之介「仙人」 芥川龍之介「兄貴のような心持」 芥川龍之介「地獄変」 芥川龍之介「尼提」 芥川龍之介「杜子春」 芥川龍之介「犬と笛」 芥川龍之介「猿蟹合戦」 芥川龍之介「白」 芥川龍之介「蜘蛛の糸」 芥川龍之介「蜜柑」 芥川龍之介「闇中問答」 芥川龍之介「魔術」 芥川龍之介「鼻」