2006年12月18日 (月)

配信1周年伊勢神宮にて竹内浩三の詩を朗読

Download


竹内浩三の詩「骨のうたう」「空は 僕は」「宇治橋」

200612181538000

↑30秒すぐに試聴できます。

配信1周年のこの日、伊勢に来ています。竹内浩三のシンポジウムに参加するためです。
楽しい一日でした。その前に、伊勢神宮の内宮にお参りしました。
良い天気の中、砂利道を歩きながら、EDIROL R-09(ポータブルMP3レコーダー)を片手に録音!

宇治橋という詩は、伊勢神宮の宇治橋の事を言っていますので、せっかく来たから本物の宇治橋の上で読んでみました。通行人の目をはばかりながら・・・笑。
浩三さんは、伊勢出身ですから、内宮も外宮も遊び場だったようです。

で、「骨のうたう」は浩三さんの有名な詩。そしてもう一つを適当にと思って選んだのですが、
読んでみたら「長生きをしたい」という同じ言葉が出て来た。

不思議だけど、浩三さんの思いか、僕の思いか・・・。

お聞き下さい。



STORYTELLER BOOKポッドキャスティング by 心尽
配信1周年伊勢神宮にて竹内浩三の詩の朗読

(5:38) Takeshi Sasaki "STORYTELLERBOOK 1st Anniversary at ISE-JINGU"


mixiにコミュニティを立ち上げました。ご意見などご自由にお寄せ下さい。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1102090



竹内浩三集

Book
竹内浩三集

著者:竹内 浩三

販売元:藤原書店

Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

配信1周年記念「レールの上」作&朗読 佐々木健

Download

「レールの上」

作&朗読 佐々木健

気がついたら僕はレールの上を走っていた。
小さなお風呂みたいな鉄製の箱?その中に置かれた中世ヨーロッパのお城にありそうなハデな木の椅子に座って、レールの上を走っていた。
周りは乳白色につつまれていて、よく見えない。
前も、右も、左も、後ろも、何も見えない
ただレールの上を走るゴトンゴトンという音だけが耳に心地よい。
ハンドルがあるわけでもないし、レバーとかメーターとかいうものもない。
スピードはそんなには出ていないけど、立ち上がると少し怖い感じで、立って入られない。箱につかまっていないと落ちてしまいそうだ。
箱は平坦な道をどんどん走って行く。
しばらくすると白い乳白色は終わりを告げ街の中を走っていた。
横を見ると同じくらいの年の子供達が一人ずつ、僕のと同じような箱にのって走っている。何人も何人も。レールは複雑に入り乱れ交差している。時々ふざけてぶつけあっている子もいる。
何人かの子供が話しかけてきた。へんな椅子って。その子達の椅子は学校の机についているパイプと木でできた椅子だった。確かに、何だか箱にはそぐわない椅子だ。
僕は他愛もない返事をひきつった笑顔で返した。
ここはどこだろう?僕は今年37才になった。鏡はないけれど、自分の体がいつもと同じ37才であろう事は、この肉体を見ればわかる。
昨日は、確か深夜に家に帰り作業をして、そのまま寝てしまったように思う。
服は昨日のままだ。
たくさんの子供達の箱に抜かれて行った。
僕はその時、見た。確かに見た。箱に乗らずに走っている子供がいた事を。たった一人だったけど、すごく汗をいっぱいかいていたけれども、誰よりも楽しそうに、イキイキと走っている子供を。
僕の箱は、だんだんとスピードを落として行った。それと同時に再び乳白色に包まれて行き、もう子供達の声も聞こえなくなった。気配すら感じない。ゆっくりゆっくりと、そして最後に静かにとまった。
僕は立ち上がり周囲に危険がない事を確認して、箱を降りてみることにした。
降りる事は簡単だった。ひとまたぎで箱の外に出られた。
僕が降りると箱は1人でにすぅっと動き始めた。あっと思ったが、僕はもう箱に乗りたいとは思わなかったので、そのまま箱を見送った。
行ってしまった。
乳白色に包まれ、僕はひとりになった。
その時、声がしたんだ。
「やっと追いついた」
振り返ると、そこには僕がいた。
いや、正確には、子供時代の僕がいた。小学生低学年ぐらいの僕だ。
不思議だけど、僕だってわかる。ここに僕はいるのに、目の前に子供時代の僕がいる。
どうやら走って来たらしく、軽く息があがっている。僕は喘息持ちだったから、息が苦しそうだ。吸う時に、口を開き胸があがり音をたてて息を吸った。
自分とこうして向き合うというのはおかしなものだ。わけがわからなかったけど、僕はその子の背中に手をおいた。その子は、僕のもう片方の腕をつかんだ。楽しそうな笑顔だ。水はないかと探したが持っている訳もなかった。
こういう時、僕は言葉がでない。何か聞きたいことはたくさんあるはずなのに。
何となく気まずい感じがして、最初に出た言葉は、「僕?だよね」だった。
その子は、無言で息を整えながらうなずいた。いい笑顔だ。
そう思った途端。彼はすうっと消えてしまった。いや、僕の中に入ってきたと言った方がいいだろうか?
僕は満ち足りて涙が溢れてとまらなかった。
僕は、自分の目的を思い出した。
行かなきゃ。
小さい一歩を踏み出した。それは、永遠に続く大事な一歩だった。


↑30秒すぐに試聴できます。



STORYTELLER BOOKポッドキャスティング by 心尽
配信1周年記念オリジナル作品

(8:07) Takeshi Sasaki "Rail"


mixiにコミュニティを立ち上げました。ご意見などご自由にお寄せ下さい。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1102090



竹内浩三集

Book
竹内浩三集

著者:竹内 浩三

販売元:藤原書店

Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おすすめサイト | アンデルセン「はだかの王様」 | クリスマスのお話 | グリム兄弟 | コナン・ドイル「暗号舞踏人の謎」 | コナン・ドイル「赤毛連盟」 | サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」 | デフォー「ロビンソンクルーソー」 | トルストイ「イワンの馬鹿」 | 世界の童話 | 九十九耕一/本間希代子 | 伊丹万作「戦争責任者の問題」 | 佐々木健のフリートーク | 佐々木健オリジナル | 夏目漱石「こころ」 | 宮沢賢治 短編 | 宮沢賢治「「ツェ」ねずみ」 | 宮沢賢治「どんぐりと山猫」 | 宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」 | 宮沢賢治「月夜のでんしんばしら」 | 宮沢賢治「毒もみの好きな署長さん」 | 宮沢賢治「水仙月の四日」 | 宮沢賢治「注文の多い料理店」 | 宮沢賢治「猫の事務所」 | 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」 | 宮沢賢治「雨ニモマケズ」 | 宮沢賢治の詩 | 新美南吉の童話 | 日本の昔話 | 朗読Live | 石川啄木「一握の砂」 | 竹内浩三「勲章」 | 竹内浩三「天気のいい日に」 | 竹内浩三「筑波日記」 | 竹内浩三「花火」 | 竹内浩三の詩 | 芥川龍之介 短編 | 芥川龍之介「トロッコ」 | 芥川龍之介「ピアノ」 | 芥川龍之介「仙人」 | 芥川龍之介「兄貴のような心持」 | 芥川龍之介「地獄変」 | 芥川龍之介「尼提」 | 芥川龍之介「杜子春」 | 芥川龍之介「犬と笛」 | 芥川龍之介「猿蟹合戦」 | 芥川龍之介「白」 | 芥川龍之介「蜘蛛の糸」 | 芥川龍之介「蜜柑」 | 芥川龍之介「闇中問答」 | 芥川龍之介「魔術」 | 芥川龍之介「鼻」