2006年6月 3日 (土)

トルストイ「イワンの馬鹿」第12回後半

Download
年よった悪魔はテイブルにつきました。すると唖娘は、早速その手を捉えて、調べにかかりました。ところが手にはちっとも硬いところがありません。すべすべしていて、爪が長く延びていました。唖娘は唸りながら、悪魔をテイブルから引きはなしました・・・。 トルストイ「イワンの馬鹿」連続読み12回後半(最終回)。
(10:25)

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



アラビアンナイト・イワンの馬鹿

Book
アラビアンナイト・イワンの馬鹿

著者:菊池 寛

販売元:フロンティアニセン

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

トルストイ「イワンの馬鹿」第12回前半

Download
年よった悪魔はこの手段をよす外ありませんでした。兵隊を使ったんじゃ、とてもイワンを取っちめることは出来ませんでした。そこで今度は姿をかえて、立派な紳士に化けて、イワンの国に住みこみました。かれは肥満(ふとっちょ)のタラスをやっつけたように、金の力でイワンをやっつけてやろうと考えたのです・・・。 トルストイ「イワンの馬鹿」連続読み12回前半(全12回を予定してましたが、13回で終了です。)。
(9:55)

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



アラビアンナイト・イワンの馬鹿

Book
アラビアンナイト・イワンの馬鹿

著者:菊池 寛

販売元:フロンティアニセン

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月31日 (水)

トルストイ「イワンの馬鹿」第11回

Download
二人の兄たちを取っちめてしまった年よった悪魔は、今度はイワンの方に向いました。かれは将軍の姿に化けて、イワンのところへ行って、軍隊をこさえなければいけないとすすめました。「軍隊がなくては王様らしくありません。一つ私に命令して下されば私は人民たちから兵隊を集めて、こさえて御覧に入れます」…。年老いた悪魔の魔の手がイワンの国へ伸びて来ました。果たしてイワンはどう立ち向かうのか? トルストイ「イワンの馬鹿」連続読み11回(全12回を予定)。
(9:14)

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



アラビアンナイト・イワンの馬鹿

Book
アラビアンナイト・イワンの馬鹿

著者:菊池 寛

販売元:フロンティアニセン

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

トルストイ「イワンの馬鹿」第10回

Download
年よった悪魔は、三人の兄弟を取っちめたと言うたよりが来るか来るかと待っていました。が待っても待っても来ませんでした。そこで自分で出かけて行って、調べはじめました。かれはさんざんさがしまわりました。ところが三人の小悪魔にはあえないで、三つの小さな穴を見つけただけでした…。年老いた悪魔の逆襲はじまる! トルストイ「イワンの馬鹿」連続読み10回(全12回を予定)。
(10:32)

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



アラビアンナイト・イワンの馬鹿

Book
アラビアンナイト・イワンの馬鹿

著者:菊池 寛

販売元:フロンティアニセン

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

トルストイ「イワンの馬鹿」第9回

Download
三人の兄弟はこうして、それぞれ王様になって国を治めました。長男の兵隊のシモンは大へんゆたかになりました。シモンは藁の兵隊でほんとの兵隊を集めました。かれは国中にふれを出して、家十軒ごとに兵隊一人ずつ出させました。ところがその兵隊はみんな背が高くて、かおかたちの立派なものでなくてはならないのでした…。トルストイ「イワンの馬鹿」連続読み9回(全12回を予定)。
(5:24)

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



アラビアンナイト・イワンの馬鹿

Book
アラビアンナイト・イワンの馬鹿

著者:菊池 寛

販売元:フロンティアニセン

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

トルストイ「イワンの馬鹿」第8回

Download
イワンの家(うち)の飼犬が、病気にかかってからだ中おできだらけになり、今にも死にそうになりました。イワンはそれをかわいそうに思って、パンを帽子に入れて犬に投げてやりました。ところが、その帽子が破れていたので、れいの小悪魔から貰った小さな木の根を食べていまい。犬は、元通り元気になりました…。トルストイ「イワンの馬鹿」連続読み8回(全12回を予定)。
(5:38)

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



アラビアンナイト・イワンの馬鹿

Book
アラビアンナイト・イワンの馬鹿

著者:菊池 寛

販売元:フロンティアニセン

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

トルストイ「イワンの馬鹿」第7回

Download
 あくる朝、兵隊のシモンはそれを聞いて、イワンのところへ出かけました。「おい、お前はあの兵隊をどこからつれて来て、どこへつれて行ったんだ。」「それを聞いてどうするんだね。」 「どうするってお前、兵隊さえありゃ何でも出来るよ。国一つでも自分のものになる。」 イワンはびっくりしました…。トルストイ「イワンの馬鹿」連続読み第7回(全12回を予定)。
えっと、すっかり間があいてしまいすみませんでした。第6回を読んだのは、1月ですから・・・。今月中に全12回読み終えるようがんばるつもりです。
(8:58)

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



アラビアンナイト・イワンの馬鹿

Book
アラビアンナイト・イワンの馬鹿

著者:菊池 寛

販売元:フロンティアニセン

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

トルストイ「イワンの馬鹿」第6回

Download
イワンは酔っぱらって村の若者や娘達が踊っている広場へ来て言いました「私のために唄ってくれ、そうすりゃ見た事もないものをやる」と言いました…。
トルストイ「イワンの馬鹿」連続読み第6回(全12回を予定)。
(4:27)

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



アラビアンナイト・イワンの馬鹿

Book
アラビアンナイト・イワンの馬鹿

著者:菊池 寛

販売元:フロンティアニセン

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

トルストイ「イワンの馬鹿」第5回

Download
ふとっちょのタラスについていた小悪魔がやってきました。ところが仲間は見つからず、ただ穴を二つみつけただけでした・・・」
トルストイ「イワンの馬鹿」連続読み第5回(全12回を予定)。
(5:40)

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



アラビアンナイト・イワンの馬鹿

Book
アラビアンナイト・イワンの馬鹿

著者:菊池 寛

販売元:フロンティアニセン

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

トルストイ「イワンの馬鹿」第4回

Download
シモンについていた小悪魔は役目を終えてイワンの元へやってきました。「こいつはなかなか手に負えないぞ。何か他の手でやってみなくちゃ・・・」
トルストイ「イワンの馬鹿」連続読み第4回(全12回を予定)。
(10:29)

青空文庫
※テキストは、青空文庫の皆様のご尽力により、上記バナーで御覧になれます。



アラビアンナイト・イワンの馬鹿

Book
アラビアンナイト・イワンの馬鹿

著者:菊池 寛

販売元:フロンティアニセン

Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おすすめサイト | アンデルセン「はだかの王様」 | クリスマスのお話 | グリム兄弟 | コナン・ドイル「暗号舞踏人の謎」 | コナン・ドイル「赤毛連盟」 | サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」 | デフォー「ロビンソンクルーソー」 | トルストイ「イワンの馬鹿」 | 世界の童話 | 九十九耕一/本間希代子 | 伊丹万作「戦争責任者の問題」 | 佐々木健のフリートーク | 佐々木健オリジナル | 夏目漱石「こころ」 | 宮沢賢治 短編 | 宮沢賢治「「ツェ」ねずみ」 | 宮沢賢治「どんぐりと山猫」 | 宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」 | 宮沢賢治「月夜のでんしんばしら」 | 宮沢賢治「毒もみの好きな署長さん」 | 宮沢賢治「水仙月の四日」 | 宮沢賢治「注文の多い料理店」 | 宮沢賢治「猫の事務所」 | 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」 | 宮沢賢治「雨ニモマケズ」 | 宮沢賢治の詩 | 新美南吉の童話 | 日本の昔話 | 朗読Live | 石川啄木「一握の砂」 | 竹内浩三「勲章」 | 竹内浩三「天気のいい日に」 | 竹内浩三「筑波日記」 | 竹内浩三「花火」 | 竹内浩三の詩 | 芥川龍之介 短編 | 芥川龍之介「トロッコ」 | 芥川龍之介「ピアノ」 | 芥川龍之介「仙人」 | 芥川龍之介「兄貴のような心持」 | 芥川龍之介「地獄変」 | 芥川龍之介「尼提」 | 芥川龍之介「杜子春」 | 芥川龍之介「犬と笛」 | 芥川龍之介「猿蟹合戦」 | 芥川龍之介「白」 | 芥川龍之介「蜘蛛の糸」 | 芥川龍之介「蜜柑」 | 芥川龍之介「闇中問答」 | 芥川龍之介「魔術」 | 芥川龍之介「鼻」